声を出していきましょう。

茅ヶ崎地区自閉症児・者親の会総会

明日は生きていられるのだろうか?そんな不安をかかえた人を仲間として支えてきて10年。代表の上杉さんは10年前と同じ 「どうぞみなさん声を出していきましょう」と挨拶されました。
障がい者をとりまく国内法の整備や制度が変わるたび 自分主体に変えていくことが大事だと思うようになったこと。地域で生きていくことが絶対条件であること、声を出せない人の分まで、と話されました。                  まちづくりも全く同じです。他人ごとでなく自分ごととして声をだしていかないと町は住みやすくなりません。31日から議会が始まります。 10日に一般質問します。質問の趣旨、ただ今考慮中。

 a0130960_20534831.jpg
[PR]
by nakazenoie | 2010-05-26 21:02