誰でもいつかは おひとりさま

残暑お見舞い申しあげます。

 8月7・8日全国フェミニスト議員連盟夏合宿in函館に参加しました。
誰でもいつかは「おひとりさま」の分科会で函館市地域包括支援センターの職員、函館認知症の人を支える会「赤とんぼの会」会長、北海道メンタル評議会の心理声聴士の弘田さんのお話を聴きました。
自治会にも入らない、近所付き合いもしない、ひとり住まいの人達を職員が訪ね、その後民間のグループが話し相手に訪ねるシステムが紹介されました。第2次寒川町地域福祉計画策定の町民アンケートによると、一番関心のあるものは高齢者福祉で7割強を占めています。 寒川町の高齢化率は、今はまだ20%ですが、10年、20年先の安心安全なコミュニティつくりには人とのつながりが欠かせません。
センサーで安否を確認されるなんてまっぴらです。 温かな人とのつながりを最後まで持ちたいと思います。
20日の夕涼み会は前回とても楽しかった花笠音頭をみんなで踊ります。是非いらして下さい。 


a0130960_20293160.jpg
  
[PR]
by nakazenoie | 2010-08-17 20:36