文書館を利用していますか?

文書館入館者は一日平均53人です(BDSゲート通過人数)

 文書館がある地方自治体はわずか3%です。 
2009年6月に新たに公文書管理法が制定されました。その目的は公文書を「国民共有の知的資源」と「みんなのもの」であること位置づけました。町で作成された文書は全て公文書であり、町民が閲覧できるように整備する必要があります。
寒川町の自治基本条例の理念である協働のまちづくりの前提は情報の共有です。 資料や情報を収集し、管理し、提供するのが文書館の重要な役割のひとつです。
しかし、作成された公文書を町民がいつでも自由に閲覧できる状況にはなっていません。12月の議会で一般質問をします。


     
a0130960_18531116.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2010-11-19 20:35