少しずつ始めましょう

20日文教大学の国際ボランティア学会に参加しました

 基調講演は第一回野口英世アフリカ賞を受賞したケニアのミリアム・ウェレ博士(女性医師)です。
アフリカのエイズ撲滅運動の主導者として活動しています。ミリアム博士は「社会を良くするためには、ボランティアの力がかかせません。お金や時間が無くても、身近な小さな事から始めて,ゆっくりと長い時間をかけてやりましょう」と語りました。          ケニアは500年間の奴隷貿易、100年間の植民地としての歴史があります。社会を良くするのは容易ことではありません。    博士の名刺のイラストにしっかりと根の張った樹が描かれています。できることから少しでも前進するよう行動しましょうという励ましに思えました。 マイケルジャクソンも音楽でこの世界をbetter placeにしようとしたのです。
明日27日はダイソー前で3月議会の報告をします。
          
             
a0130960_1803338.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2011-02-26 18:01