社会教育委員のしごと

公民館の果たす役割

 6月24日に社会教育委員会が開かれました。22・23年度の町の諮問は「いつでも・どこでも・誰でもが学べる環境作り」です。  その施設が公民館です。21・22年度の町民センター、南部文化福祉会館、北部文化福祉会館、寒川公民館の4施設の稼働率は40%にもみたしていません。公民館事業の利用者は約9千人、サークル利用者は8万人です。本来社会教育施設である公民館が貸館になっています。  社会教育委員の仕事は地域の課題を考え、行動する人づくりをすることです。まちづくりは人づくりなのです。

    
a0130960_15545997.jpg
 

[PR]
by nakazenoie | 2011-07-02 15:55