言葉をもてあそぶな

寒川町教育振興基本計画 案

 25日文教福祉常任委員会協議会がひらかれました。
平成20年国は教育振興基本計画を策定し、地方公共団体に計画策定の努力義務を課しました。背景にあるのはOECD諸国の中での日本の学力の低さです。 国は今後10年間の教育のめざすべき姿を策定しました。
 寒川町の計画を読んでまずビックリしたのは言葉の使い方です。      基本計画のグラウンドデザインの文言は演歌の歌詞?スローガン?時代おくれの手あかにまみれや言葉等々。これからの学校教育に必要な 思考力 判断力 表現力は教育委員会にこそ必要だと思いました。寒川町教育振興基本計画について町民の皆さんからの意見募集(パブコメ)を2月に行います。   ぜひご意見をおよせ下さい。

[PR]
by nakazenoie | 2012-01-25 22:53