これからは節電の毎日です

町庁舎の光熱費166万円の減です。

 光熱費の予算額は1674万円です。東電の値上がりにも拘らず前年度より166万円へらしました。町は電気をPPSから購入の検討をしているのですが、福島の事故後PPSの需要が急増し購入が難しくなっています。
すでに経済産業省は導入ずみで大磯町や平塚市でも再生可能エネルギーへの転換と経費削減に取り組んでいます。 寒川町は出遅れの感ありです。委員会では24年度を待たずにさっそく窓際の明かりを消して審議をしました。前日同様7時30分すぎまで審議し、すでに暖房が止まって寒くなった庁舎をあとにしました。最後まで委員会審議を聞いていた課長さん達も寒い中、足早に帰って行かれました。

  
a0130960_2120065.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2012-03-13 23:47