あいさつのできる学年に

16日東中学校学校説明会に出席 約50人参加

生徒指導の先生が、ごく自然に挨拶ができるようにこちらから声かけをしていきたいと述べられました。視察で訪れた岐南町の保育園の方針は「和顔施」です。園児も職員も、こちらが思わず笑顔になってしまうような挨拶を交わしていました。 南小の校長先生は、毎朝 横断歩道で集団登校の生徒に 「おはようございます」 と挨拶されています。 この横断歩道を渡る児童は250人います。一人ひとりに目を合わせて、「おはようございます、いってらっしゃい」と言葉をかけると、うなずいてくれる子、目で「わかったよっ!」と言っている子、ことばに出して「おはようございます!」が返ってくる子がいます。       東中の特別支援学級の先生の「その子に合った必要なことを、一人ひとりに目標を設定して指導をしていきます」との説明が腑に落ちました。        教育とは一人ひとりを大事にすることなのですね。

    
a0130960_21113399.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2012-04-17 21:12