縦割り行政の弊害

8日一般質問のヒヤリングが終わりました。

 毎年各小学校から通学路の危険個所の改善の要望書が提出されます。
町民課と学校総務課がうけとり、道路課や防災・安全課等から改善策の報告をうけ学校に回答します。郊外委員さんからの指摘は的確です。町独自で解決できない県や公安委員会や民間とも協議する必要がある要望は時間がかかります。しかし、指摘どうりでなくとも次善の策で改善することはできます。通学時に現場にいるとみえてくるのです。役所は自分の担当の仕事しか考えません。他の課に口出しするのは憚れるのです。その弊害はトータルに考えられないことです。何年も同じ要望がでてくる所以です。まずすべきは改善のための改善策 関係団体が一諸になって論議できる仕組みです。      
        
   
    
a0130960_14283141.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2012-06-09 23:22