子供の安全を守るのはだれ?

一般質問が終わりました。

 「通学路の危険個所の改善に関する要望書はどこが責任をもって対処するのですか?」 しばし誰も手を挙げず苦笑がもれました。要望書の教育委員会の回答は「子供達の登下校時の安心・安全につきましては、学校ごとに地域の方々のご協力をいただきながら見守り体制を推進しているところです。 御指摘の危険個所につきましても、学校における見守り推進協議会等で協議していただき学校・保護者・地域が一体となって子供を見守る体制について検討していただきたい」 と聞き置く態度です。 学校長が危険性改善をもとめ、敷地利用を了解しているにも拘らず他人事のように考えているのです。 
現世の雑事はどこへやら、ほたるがほの暗い木立の中をたゆたいながら光を放っていました。           
        
a0130960_1511404.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2012-06-18 23:19