なんでそこまでやる必要があるのか?

30日第4回 外部評価委員会 傍聴3人

 朝9時 議運で9月3日から始まる定例会の議事運営の打合せ会議。その後 社会教育委員会で社会教育関係団体へのアンケートについて審議。午後から委員会を傍聴。              評価対象事業の「勤労者住宅資金利子補助事業」へのヒヤリングは事業の必要性についてトコトン議論がなされました。
4億預けて利子が10万円の時代、何故1件当り14万円も補助するのか?34年前利子8パーセントの時代には意味があったかもしれないが今なんでそこまでやるのか?団体神奈川県33自治体のうち20団体だけが事業を継続しているが続ける意味とその効果を証明できるのか?行政の公平性に偏りが大きい等々。  担当の産業振興課は新規募集をやめることも検討と答弁。
きのう訪ねた、持続可能かつ健全な財政運営をしている平塚市はやっていません。 
1200万円もの税金を使うこの事業に理解と納得のいく説明はあませんでした。あすは茅ヶ崎市に地域包括支援センター相談員について勉強にいきます。

       
a0130960_20584469.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2012-08-30 21:14