地域福祉の充実

茅ヶ崎市は昨年10月地域福祉総合相談室をオープン

 身近な地域で保健、福祉の相談窓口を7箇所の地域包括支援センターに開設。目指すところは地域のことは地域で困りごとを手伝うしくみです。社会福祉士の資格をもつ相談員さん達が関係団体と連携し必要な助言をします。今後は13の地区社協すべてに配置し、待つだけでなく積極的に地域に出向き相談をひろっていけるよう活動しているそうです。                           行政側の説明のみならず、議員さん達やボランチアの市民のかたからのヒヤリングで全体像がつかむことができました。      寒川町の第5次高齢者福祉計画には実施計画の記載が無く文言が抽象的です。茅ヶ崎市は実施計画に基づき具体的にとりくんでいる成果が伺えました。

      
a0130960_20403941.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2012-08-31 23:11