ゆっくり のんびり はりきって

22日 高次脳機能障害講演会&シンポジュウムin寒川

 事故や病気の後遺症として脳に障害を持った障がい者への理解と対応の勉強会でした。別名「見えない障害」ともいわれ、脳のどの部分がいつ損傷されたかにより症状は様々で自覚のない人もいるのだそうです。
しかしここ数年の相談件数は3年間で55件から412件に増えています。
NPO法人脳外傷友の会ナナは患者と家族を支援するサポートセンターです。
ナナのコンセプトは明解です。活動は、楽しくてつい夢中になって後で心地よい疲労感がのこるもの。利用者への言葉かけは どうしたの? どうしたいの? なぜ そうしたの?と内観にせまることから社会復帰への活動に繋げています。何やら、行政対応に参考になりそうなお話でした。おすすめの本 高次脳障害の夫と暮らす日常コミック『日々コウジ中』主婦の友社 柴本礼著
 amazonhon本のベストセラー医学入門、脳・認知症部門で1位
夫コウジさんが43歳で発病してから妻のママちゃんが娘のワッチ、犬猫、支援者との日常を描いたおもしろくて、おかしくて高次脳機能障害がよくわかる本です。

a0130960_21151360.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2012-09-24 00:12