潤っていますか?賑わっていますか?

寒川駅周辺地区まちづくり交付金の成果

 町は安心・快適で魅力あふれる中心市街地の再生のために国から21億8140万円の交付金をいただきました。区画整理事業、駅前公園、エレベーター、エスカレーターの設置などに使われました。他には25年までに商業施設の床面積を9600平方メートルから13200平方メートルにする目標値を設定しました。しかし、今どのくらい増えたのか調査していません。実績報告書を国に提出するのですが、未達成の場合フォローアップ報告書に改善策を提出します。商業施設がふえなくても報告書を出せばすむと思っています。国の税金は私達のお金です。国の金庫が空でも、町の税収が落ち込んでも1千万近くの給与をもらっている町職員にはなんら痛痒を感じないのでしょう。

a0130960_20412794.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2012-09-27 20:31