時代おくれの要綱行政

25日 社会教育委員会報告

 社会教育関係団体補助金等の交付について協議しました。
24年度8団体に125万5千円支給しました。補助金支給の手続きを定めた要綱があり他の団体が町の補助金を申請しても受け付けてもらえません。同じ団体が交付をうける合理的理由もなく、交付目的を果たしてない団体もありました。何よりも問題なのは25年度の予算編成方針の補助金支給をゼロベースで見直す視点がまるでないことです。補助金支給の必要性、公益性がどれだけあるのか、時代の要請にあっているか、他の団体に交付したほうが社会教育の振興に寄与するのではないのか、など考慮する必要があります。開かれた補助金支給のあり方に変えるよう社会教育委員会として提言しました。

a0130960_2154369.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2012-10-26 23:07