町の観光政策がうまくいかないわけ

寒川神社報徳資料館副館長送別会&まちづくり懇談会 5日

 副館長の加藤氏は8年まえ町に「観光ボランティア」の提言書を提出しました。商工会は「寒川神社東参道構想報告書」をつくり、観光協会には「寒川町観光振興計画」があります。25年度町長の施政方針にも寒川神社を核とした観光に言及しています。しかし何年も前から言われ続けている190万人の参拝客の誘導策が実現されないのはなぜか?それは行政のあり方にも通底しているのではないかと思っていました。加藤氏いわくそれは単にアイデアであり思いつきであるから失敗する。コンセプトを明確し、認識を共有し、いつまで、いくらで、なにをするのか計画し、検証できるようシステム化すること等々レクチャーしていただきました。5日はまちづくりの課題を抽出しましたが次回はどうするか頭を悩ませています。

   
a0130960_19295317.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2013-03-15 22:20