想定すべきは人口減

自治政策講座in横浜 進む人口減少と自治体の政策 13日

 寒川町の2040年の人口推計は40551人です。-15%の減です。
右肩上がりの成長・発展から発想の転換をしないと持続可能な自治体経営は難しいとの認識をまずもつことです。三鷹市は自治体としては全国初の無作為抽出による市民討議会を開催しました。今までの利害関係者によろまちづくり計画から「声なき声」といわれる市民の参加と協働のしくみをつくりました。今現在、町の高齢化率22%で人口47500人ですが生産人口減により人口バランスは崩れ財政基盤を揺るがせます。これからの町づくりにどういうことを想定して考えなければならないか、データ分析をして町民に示す必要があると思いました。

[PR]
by nakazenoie | 2013-05-14 08:19