ネット社会の情報分析

自治体議会政策学会 第4講義は人口減少時代の議会と情報

 情報活用能力の高い行政にくらべ議会は低い。オバマ大統領や橋下市長のソーシャルメディア活用事例よると、文字情報ではなく写真での見える化を図っている。より多くの人と親しく繋がっている写真が多用されていました。有権者に気付をあたえる情報知識が必要との講議内容でした。ネット上の情報をうけて側がどう判断するのか?その判断結果をまたメディアが情報として流す。ソーシャルメディアに疎い頭は講義内容についていくのが精いっぱいでした。文字文化に慣れた者からみるとソーシャルメディア文化のコミニュケーションのあり方は単に情報処理能力に重きが置かれているように思えました。ネット選挙が解禁になりネット社会の情報分析能力が問われる時代がきたのです。/font>
[PR]
by nakazenoie | 2013-05-15 10:22 | Comments(0)