うちで過ごすのが一番

第54回 地方自治経営学会研究大会21・22日 明治大学

 平成25年度の全体テーマは 「今年の地方自治・財政の方向は」
テーマ 社会保障、超高齢社会の講師服部万里子氏は渋谷区で在宅介護に取組んでいます。介護が必要になったとき7割の人が在宅での看取りを望んでいる。介護の充実なくして在宅なし。隣近所の人の手を借り地域がケアする時代になればより長く在宅で暮らせる。買い物の手助け、お薬をとりにいってあげる、痴呆老人の見守りなどかかわれば拘るほど地域はかわる。  渋谷区での取組は些細なことでも在宅で介護する家族にとっては、とても有難いことだと思いました。今特養にいる母のいえに帰りたい気持ちを想うとせつなくなります。でもいつか在宅に戻れるよう心の中では準備をしています。

[PR]
by nakazenoie | 2013-05-21 23:10