具体的ヴションは何か

総務常任委員会協議会 傍聴報告 10日

 7月から導入予定の「寒川町地域担当職員制度実施要鋼」の趣旨は地域住民と行政とが情報を共有し、理解と連携を深めることです。管理職手当需給職員(部課長)が24自治会に配置され地域の課題・要望を把握しますが個人的な要望・苦情には対応しません。その他必要な事項は町長が決めると書いてあるもののそれは何か質問されても答えはなし。職員のレベルアップにつながりがんばっていきたいので御理解いただきたいとのことでしたが、この制度のゴールについての明確な答弁もなく、どんな地域にするための制度なのか理解不能です。まずは地域の問題解決や政策の実現のむけて必要となる職員の能力の向上に努めることが肝要だと思います。

[PR]
by nakazenoie | 2013-06-10 23:52