行って見て聞いて

指定管理者導入後の管理状況

 町公共施設の多くは指定管理制度のもとに運営されています。
ふれあいセンターは公共施設の中でもめずらしく月曜日から日曜日まで開館しています。老人福祉施設で60歳で10人集まれば借りられます。制度では利用料がとれるのに無料です。パソコン教室で利用していますがいつも全室満杯という状況ではありません。人件費を含め町が2千万円だしています。予算、決算審議で議論されるのは財政的に自立させることです。利用の要件の見直しが必要と思いました。また介護予防事業の参加者からの感想も事業のあり方の改善策が思い浮かびます。平塚市のように元気なシニアが介護予防のボランティアをしたポイントで地元商店で買い物ができる制度があります。実際に足をはこぶことで私達の大事な税金の効果的な使い方を学べます。9月議会は決算議会です。

[PR]
by nakazenoie | 2013-08-29 08:33 | Comments(0)