原爆ドームは建っているだけではない

第4回平和フェスィバルinさむかわ 31日

 例年出演の紙芝居パチパチ座の演目は原爆と戦争の不条理がテーマ。
ビデオ証言では、被爆者の原さんが原爆ドームのそばを流れる川の水で絵の具をといて亡くなられた人の思いを込めて原爆ドームを描き続けている。なぜなら原爆ドームはけっして黙って建っているだけではない。人類を脅かす核兵器がなくなるまで描くと原爆の語り部として弁。最後は文教大学の和太鼓の演奏。息のあった若者達の演奏に会場からはおおきな拍手。すばらしい演奏に会場は一体感につつまれ感動しました。若者達の生き生きと演奏する姿に生きようと思っても生きられなかった時代にもどしてはならないと強く思いました。ont>
[PR]
by nakazenoie | 2013-09-01 00:23 | Comments(0)