語り継ぎ唄い継いで次世代へ

第67回 奉灯句会開催1日 寒川俳壇

 戦後の苦難の中で築いてきた郷土の文化を受け継いで67年。
寒川俳壇は神社の神官が宮山の青年達に俳句をおしえ句会を催したのが源。今回は県内外から句会に寄せられた句は300以上。句会に新しい人がなかなか入ってこない現実はあるものの子供達にも教えているそうです。   自分の想いを5・7・5の文字に託す作業は子供達の思考力、表現力、判断力を養うのにピッタリです。ぜひとも子供達の感性や言葉磨きのためにもっと広めていただきたいなと思いました。 
「相模」9月の寒川俳壇に載った友人の一句。炎昼やピタリと風の止まりけり    本当に今年の夏は暑かった。風があっても暑かった。風がやんだらもっと暑かった。
あすから、9月議会がはじまります。

[PR]
by nakazenoie | 2013-09-01 22:59 | Comments(0)