ラテン気質で元気に

寒川町青年会議所創立40周年記念 町民センター29日

 「日本を元気にするライフスタイル」をテーマに森永卓郎氏が講演
日本がめざすべきはイタリア。日本のように地獄の底まで働く社会は本当に必要か?日本と同じように財政破綻が取りざたされたイタリアは今ではGDP1,6%の黒字。その秘密は徹底して現場に権限をもたせ、経営者は口をはさめない経営形態。そのことで会議の時間はなく5時に退社できる。然し現場は常に仕事のことを考え実行するから仕事の量は日本の比ではない。付加価値をつけたイタリア商品を面白、おかしく紹介する森永氏はラテン気質そのもの。あっと言う間に紙くずになったリーマンの投資をサギ、インチキ、ドロボウと呼び、金持ち(預金額10億以上)かならずしも幸せではない。貯金ゼロの貧乏人もまた幸せではない。そこそこ働いてほどほどに暮らしましょう。と。はたして艱難辛苦を好む日本人は元気になれるか?

[PR]
by nakazenoie | 2013-09-29 23:11