ハードからソフトに

いつツイン橋はできるのか

 7日のまちづくり政策懇談会のテーマは「ツイン構想は今」でした。
今までの経過と問題点をパワポで説明をしたのですがコレといった意見は出ませんでした。それより、各常任委員会の行政視察報告の内容についての質問と意見がたくさんありました。なぜでしょうか。地元以外の町民の関心は薄く、できるとはみんな思っていないように思われます。橋の建設費用は神奈川県ですが、県は13年度700億円の財源不足に四苦八苦してようやく予算組みをしました。アベノミックスの多少の経済効果はあるにしても、財源不足、人口減少、高齢時代に突入した今、本当に必要なのは何か考えなければなりません。綺麗な空気と水と緑を大切にして、子供も高齢者も健康で生きがいをもてる町づくりに税金を使う時代ではないでしょうか。

[PR]
by nakazenoie | 2013-11-08 23:44