官から民へ

総務常任委員会協議会 報告11日

 (株)さむかわ公共サービスの解散意向の申し出がありました。
24年度に総合体育館と町民プールの指定管理者の選定からはずれ、休業中でした。この間、公民館運営受託を計画検討したものの経営体制が整わず、町に解散の意向を伝え町は解散は妥当であるとの結論をだしました。今後の町の対応方針は公共施設のアウトソーシングを積極的に推進するとのこと。残余財産は資本金1千万円と積立金1200万円。積立金は「地域主体及び町民協働のまちづくりの推進と地域活動にたいする支援」を使途として、当面は町まちづくり基金へ積み立てることになりました。地域の課題を主体的に考えられる人材の育成と課題解決への政策を実践させるためにお金をつかって欲しいと思います。地域がよくなるのは人の力なのですから。 

[PR]
by nakazenoie | 2013-12-11 23:29