なぜ反対なのか

都市計画に関する公聴会 総合体育館 多目的室 8日

 倉見富士スーパー前の県道柳島寒川線の道路拡幅による変更に関する公聴会がひらかれました。さがみ縦貫道、ツイン橋、湘南台寒川線等との交通網のネッツトワーク化を図るためです。1人15分の公述が許され4人すべて反対でした。理由は地元説明会は一方的で住民無視で進められている。大神地区のまちづくりと倉見のまちづくり、ツイン橋の3点セットからはずれている。必要性、安全性、環境面から今やるべきことではない。行政の説明は不自然であり不満は途絶えたことなく地元は悩み続け賛成者はゼロである。地元との6項目の申し合わせ事項に触れずして県との協議もせず、全く進展はない。なぜ3点セットを忘れて都市計画を急ぐのか。今後公述内容は後日町ホームページにアップされ、県の都市計画審議会で審議されます。9月に8回開かれた地元説明会でも3点セットが前提の都市計画だと明言しました。公述内容に県はどう回答するのでしょうか。

[PR]
by nakazenoie | 2014-01-08 22:38