決算重視による財政マネジメント

市町村議会議員研修報告 16,17,18日

 講義の趣旨は、地方財政の喫緊の課題は①インフラ資産の老朽化・更新問題 ②人口の減少・少子高齢化 ③第三セクター等の経営悪化である。今後の自治体の財政運営に大きな影響を及ぼすヒト・モノ・カネのストックサイクルをどう安定化、健全化させるのか戦略的マネジメントが必要である。とのこと。その第一歩として決算カード、財務書類4表の分析し(茅野市、秩父市のデータをもとに)次の演習課題が与えられました、問 財政力指数から、十分な財源が確保されているか、課税収入は適確に確保されているか、歳出面での人件費、物件費、維持修理費、扶助費、公債費などの分析を記入。となりの人と相談しながらの作業でしたがすんなりとはいかず次の日先生が追加資料として記入例を配布。2日めは行政評価活用した決算審議の講義、3日めは10班にわかれ、モデル事業について妥当性、有効性、効率性の観点から問題点を抽出し改善事項と改善の効果を発表し、最後に先生の論評。我が町の財政判断ができるまで時間がかかりそうです。

a0130960_2033153.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2014-04-18 23:26 | Comments(0)