ベネフィットは環境

寒川駅周辺樹木の水やりボランイア
 暑い夏の日の夕暮、手に手にバケツを持って町民有志が元気のない樹木への水やりをしました。去年、今年の猛暑に寒川駅南側のヒバ5本が枯れ、ほかの樹木も枯れ死寸前でした。有志の方々が樹勢回復の施術をし担当職員達も薬や水やりを続けてきました。町との話し合いの結果、ボランイアの方々は、火、木、土 の朝7時からと夕5時から水撒きすることにきめました。10月末までです。
リーダーの方が「私たちが次世代にわたすベネフィットは環境。自然もそのひとつ」と言われました。寒川町に愛着をもち、これまで以上に住みやすい地域にするために何が必要か考え自発的に行動するボランイアさんたちです。
水やりの時間をつくれる方はぜひ一緒にやりましょう。

[PR]
by nakazenoie | 2014-09-17 07:56 | 市民活動