文化はこころの潤い

第15回神奈川朝鮮中高級学校定期演奏会 28日 関内ホール

 中高生のみならず吹奏学部のОG・ОB合同ステージでの100人の演奏は圧巻でした。
民族管弦楽合奏による朝鮮の名曲の数々、休憩時間をふくめ3時間はただただ豊穣な時間でした。
音楽は人と人を結びつけ、ふるさとを想い民族を鼓舞するものでした。
帰りに買ったビッグ・イッシューの特集は〇円経済。お金は介在せずギぶ&ギぶの世界。ひたすら経済成長を目指し、特定秘密保護法やら集団的自衛権行使を閣議決定した国から見れば「お金が介在しない世界」はなんと潔い世界なんでしょう。ジョージ・オウエルの1984年の世界なんてまっぴらごめん。ドイツに60軒以上ある「〇円ショップ」は政治、エコロジー、相互支援の3つの要素がまじりあった「政治的プロジェクト」だそうな。エコノミストの浜のりこさんいわく市場のシェアーから分け与えるシェアーへと経済を巡回させないと人は幸せにならない。
来年こそはみなさまにとって幸多き年でありますように。

[PR]
by nakazenoie | 2014-12-30 23:12