引き裂かれた思い

I「誰も知らない日系アメリカ人の歴史」上映会 寒川町総合体育館多目的室 17日

日系アメリカ人の苦悩を描いたドキュメンタリー映画。住みよい町さむかわにする会主催。 
1941年12月7日真珠湾攻撃後12万人の日系アメリカ人が「敵性外国人」として11の強制収容所に移住させられました。その地で米国への忠誠心を問われ48の質問のうち核心をついたのが「どこに派遣されても米軍にョロ今で奉仕するか」「米軍に忠誠を誓い、日本の天皇への忠誠を否定するか」です。
ノー・ノーと答えた日系人はもっとも過酷なツールレーク収容所へ、イエスと答えた者は日系人で編成された米陸軍442連隊に。ドイツ軍と戦いナチ収容所を開放しフランス人からその勇敢な戦いぶりを称賛されようとも生きて帰れた兵はごく僅か。バンザイと叫びながら大和魂むきだしで戦うともあまりの少ない帰還兵の姿は無残。間違った質問に正しい答えはない。今は80歳代の老兵達の引き裂かれた思いを語る言葉は重たい。過去の歴史をどう理解するか中学生にも観てほしい映画でした。

[PR]
by nakazenoie | 2015-01-18 22:36 | 市民活動