梶原公終焉の地をたずねて

寒川町梶原公顕彰会研修旅行 8日 静岡市

 梶原景時の終焉の地、梶原山公園をたずねました。全国に梶原氏にちなんだ会がありますが今回は瀬名梶原会の方々にご案内いただきました。頼朝一周忌後の1200年1月20日の亥刻、梶原公ら従者を含め30名は一之宮をたち逃げのびる途中の現静岡市でうちとられてしまいます。梶原氏に縁も縁もない地元の方が800年にわたり供養していました。梶原公こそが本当の鎌倉武士であるとの碑が梶原山に建立され静岡市街はもとより三保の松原や富士山がみえるたいへん眺望のよい所でした。瀬名の梶原会の会長さんの名刺には「梶原会スローガン わたくしは梶原山を愛し、自然を守り、自主的清掃を行います」と印刷されていました。スローガンどうり、梶原山は手入が行き届いた清々しい気持ちになる山でした。明日から大分市に議会改革他について、視察に行ってきます。

[PR]
by nakazenoie | 2015-02-08 22:46