防災の第一歩は挨拶

9月1日 防災の日
 今日から2学期が始まりました。ランドセルをしょって、傘をさし、大きな手下げ袋に宿題をいっぱいつめて子供たちが登校していきます。自治会のお祭りやラジオ体操にきた子、顔なじみになった子がふえました。たった5分の時間ですが通勤、通学の人と挨拶をかわします。すれ違う相手から先に挨拶されるときはうれしいものです.
 きょうのNHKラジオは防災特集。非常時に助け、助けてもらう状況をつくる第一歩が挨拶からと地域の自治会長さんがはなされていました。 防災教育者の片田先生は、3・11で逃げ遅れた多くの人は家族やご近所のひとを思いやっつてのこと、自分一人の命を救うことはみんなの命を救うこと、「津波てんでんこ」は親子の信頼があってのことと納得のいくおはなしもありました。
 夏休みのの思い出をむねにに登校していくこどもたちに「気をつけていってらっしゃい」
[PR]
by nakazenoie | 2015-09-01 23:15