全然諦めてね~ぞ

 19日 安保法制可決 

 今年の夏が暑かったのは気候のせいばかりでなく安保法制の審議でした。
よりもよって戦後70年のこの年に平和憲法をないがしろにする法案を可決させるとは。
右傾化の言葉を知ったのは30代、大根公民館の「市民の学校」での講義。自主憲法を党是として、教育基本法の改正、特定秘密法案の制定、96条にてをつけられずに閣議決定での法案制定。何より不快だったのが発言を取り消ししたものの自衛隊を「我が軍」といい、議会審議前に、夏には法案通過をアメリカ議会で約束した民意置き去りの不遜さ。まさに法案反対デモを先導したシールズの言う主権在民を踏みにじる行為。デモ参加者は階層、年齢、職業それぞれのやり方で意思表示、5日の茅ヶ崎市での反対デモも個人個人が自発的に行動。これからも改憲にむけ安倍政治はすすむでしょう。     シールズの奥田さん同様、民意を反映しない政治に市民達はアキラメル訳にはいかないでしょ。


< 

 /font>
[PR]
by nakazenoie | 2015-09-23 12:00