考える楽しさ

今日は大学入試センター試験

 2020年度から大学入試センター試験のかわりに大学入学希望者学力評価テスト(仮称)が導入予定だそうです。記述式問題の特徴は考えることや表現することの「楽しさ」を知っている受験者ほど挑戦しやすいとのこと。例えば公立図書館の現状と課題を記した新聞記事を読んで①今後の図書館の役割は何か ②自分が図書館職員なら①の解答を実現するためにどんな企画をするか、2段階構成で300字以内で記述する。(1月6日 読売新聞 論点)それこそ、総合的な思考力、判断力、表現力が求められます。10年ぐらい前までは「早寝、早起き、朝ごはん」でしたが今は「読書、手伝い、外遊び」だそうです。毎朝登校するだけでも子供たちはえらいと思うのは甘すぎる考えかもしれませんが仲良く話しながら登校する姿をみればそれはそれでいいんじゃないとかと。でも本だけはたくさん読みましょうね

[PR]
by nakazenoie | 2016-01-17 23:45