どんな人に育てるのか

東中学校説明会 2日

 東中の教育目標は「豊かな心と確かな力」をつけることです。言葉遣いを丁寧にし、良いところをほめ、生徒の自尊意識をたかめる。学力の点では、昨年と比べ生徒のアンケートによれば授業の理解度も家庭学習時間も下がっているとの報告がありました。それぞれに個別具体的な対応策が図られている説明内容でしたが、それでどういう人が育つのか、育てたいのかそこまでは見えてきませんでした。28年度の寒川町の教育予算は地方創生の影響もあり、教育委員会はかなりがんばりました。図書資料費を増やし、図書室にクーラーもはいります。では生徒が図書室を利用する時間を増やしたかというとそうではありません。18歳投票にむけ主権者教育の必要性が問われています。本をたくさん読んでいろいろな意見や考えがあることを知り自分の頭で考えることが大事だとおもいます。付和雷同せず主体的に考え行動することはすぐにはできません。南小の学校説明会で組体操はやらないとの報告がありましたが生徒の意見はきいたのでしょうか?小学校から自分の考えを持つ習慣が主権者教育の1歩ではないでしょうか。主権者としての自覚と責任をもって投票する人はどれだけいるのでしょうか?確かな力をつけるためにも、もっともっと図書室を利用していただきたいとおもいました。font>
[PR]
by nakazenoie | 2016-05-03 10:26