若者にもとめられているのは

18歳選挙権 わたしたちにできること 26日

 寒川町青年会議所主催の講演会が健康管理センターで開催されました。
講師は若い人と政治をつなぐNpO法人代表の原田謙介氏30歳。彼のミッションはこども若者を政治が接する場を提供する、子供若者が政治への知識を高める場をつくる、若者の政治参画を進めることの3つ。新たな街づくりの形として投票カフェを開催。今回も文教大の学生、青年会議所の会員、町新任職員が6グループに分かれ、まちづくりについて発表。最大公約集の意見は若者が寒川町に移住するためにはアニメやコスプレなどイベントで町を知ってもらい,交通の便がよくショッピングモールがありきれいでたのしいところに人が集まる、というもの。それに対し講師の総評は「イベントをやって終わりではなく、すっと関わり続けなければいけない。議会や行政が何に取り組んでいるのか知ることでした、「政治とは社会をよくしていく動き、主役はあなた」が原田氏のいわんとするところ。今回の参議院選挙の有権者数は前回より1131人像の4万人。この講演とワークショップが投票率アップにつながるとよいのですが。

[PR]
by nakazenoie | 2016-06-26 22:29