読む愉しみ語り合う愉しみ

読書グループ「おちょぼ口 」10日 北部公民館

 毎月第2土曜日2時から北部公民館で本を持ち寄りおしゃべりをしています。まず5分で本の紹介、面白かったところ、よかっつたところなどを交え書評の時間。そのごみんなで質問や感想をのべあいます。一種ビブリオバトル風なのですが最後のどの本の紹介がよかったのかの判定はしません。その代り読んでみたくなった本を借りて帰ります。私が取り上げたのは「日本はなぜ基地と原発を止められないか」 矢部宏冶著 発行 集英社インターナショナル 1200円。なぜ毎年日本は思いやり予算1800億円も米軍に払い続けているのか不思議でした。ケンポウの上位にある日米条約の成り立ち、敗戦まえの米国の動きから様々な条約の条文を読み解きながら基地がなくならない理由を解き明かしていきます。そーだったのかと目から鱗でした。この本は前回ほかの人が紹介した本ですそして借りた本は「ランドセル俳人の五・七・五」11歳の不登校の少年が俳句を詠むことでいじめに耐え希望をみいだしていく本です。第10回の参加者は8人。ほんの好きな方の参加をおまちしています。

[PR]
by nakazenoie | 2016-09-11 21:51