134霊の志

東海大学 医学部解剖慰霊祭 20日 伊勢原市民会館

 医学の進歩のために献体された134霊の方々のための慰霊祭に出席しました。
医学部の学生が執り行い、遺族に学生がひとり1人付き添い案内していただきました。
黙祷のあとの医学部3年女子の感謝の言葉が胸に染み入りました。前から挨拶することは分かっていたけどなかなか整理がつかなかったこと、解剖の授業と武道の大会の事務局の仕事が重なりとてもきつかったけどやり遂げたこと、献体された方の強い意志を感じたこと、解剖仲間たちとの学び合い、大事な人を助けたいと思い医師の道を選んだこと等を平易な言葉で語り情景が目に浮び、その淡々とした語り口がとても印象的でした。隣に座った学生にお役に立ちましたかと聞くと「献体して下さり有難いです。」といわれました。壇上には東海大学のシンボルカラーの青のカーテンが掲げられその前には白いトルコ桔梗の花が並び「村田弘江」の名前がありました。

[PR]
by nakazenoie | 2016-10-21 16:37