70年前の寒川町議会

寒川文書館 第25回企画展示 新生寒川町の始まり

 昭和22年5月12日、 寒川町の当時の人口11000人に町議会議員26人で議会が開かれました。日本国憲法が5月3日に施行されるとともに、新たな制度、地方自治法のもとにこの年に選挙が5回行われました。広報創刊号、議会初日の議事録、憲法公布の祝詞(寒川神社蔵)など寒川町のはじまりの貴重な資料が展示されています。地方自治法は様々な視点から何度も改正されています。昨年の3月に第31次地方制度調査会の答申では監査制度の充実強化のための改正がありました。監査委員になってから、監査のための資料に目を通しておくと共に財政、財務、地方自治法の改正、自治体の対応などなど頭に入れておかなければならないことがたくさんあります。70年前のまちの財政状況はどうだったのでしょうか。資料があったら見てみたいと思いました。

[PR]
by nakazenoie | 2017-08-03 22:04