すべては財政危機との闘いからはじまった。

今日、議会運営委員会で9月議会の議案の報告がありました。

法人税3億円の還付金があります。経済不況の影響です。
昨日寒川町工業協会との懇談会でも操業短縮の話が出ました。
町の歳入不足にも繋がります。
22年度の事業費は21年度に比べ20%のカットです。
住民サービスの低下をもたらします。中央公民館の建て替えはおろか 
壊す財源もありません。行政のあり方が財政危機をまねきます。
前多治見市長の著書「自律自治体の形成」が参考になります。  

 今日は立秋です 
 
a0130960_21345949.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2009-08-07 21:47