20,340円の攻防

議員の12月期末手当が下がります。

11月5、12、18、26、27日の会派代表者会議で期末手当引き下げについて議論が続けられてきました。
人事院勧告により職員の期末手当の額は、期末手当基礎額の100分の160を100分の150に引き下げました。では、議員はどうするのか?                                             1.人事院勧告そのものを認めない。
2.職員と同率にさげる。                                                    3.十分な議論なくして下げることはできず、今回はこのままで。            4.会派での結論はでず、この会議での結果に従う。                 5.社会経済状況を鑑みれば下げらざるをえないのでは。              6.近隣に比べ町の議員報酬率は低いのでこのままでよい。           等などの意見がでました。厳しい財政状況のもと事業のカットの痛みを議員は町民と分け合ってしかるべきです。                         27日の結論は100分の225を100分の220としました。
915,300円が894,960円になります。    
a0130960_21474952.jpg
 6月の期末手当854,280円が77,2920円でした。手取り額60,168円の減でした。議員報酬月額は339,000円です。明日から議会が始まります。
期末手当削減は議会運営委員会提出議案となり審議されます。

[PR]
by nakazenoie | 2009-11-29 21:00