絵に描いた餅ではない計画

税金を無駄には使わせません

今、後期基本計画をコンサルタント料605万円(21年度分)で策定中です。
次世代育成支援対策行動計画に約250万円使います。新 川と文化のまちづくり計画にも約500万円のコンサルタント料を支払いました。        計画にかかわる職員の給与も含めると多額の税金が使われます。
当然のごとく施策を実現させるために計画を立てるのです。
しかし、計画が実現されたかどうかの検証はほとんどなされていません。
只、見直しの時期がきたからということだけで新しく計画を作り直しています。
住民が実現したかどうか検証できる計画を作らなければいけません。
他市町村の総合計画を参考にして勉強中です。  

 どこにいるのか鶯2羽
a0130960_21315711.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2010-01-26 21:36