カテゴリ:未分類( 488 )

議員さんって忙しい?

「議員さんって忙しい」と思っていらっしゃるでしょう。何で?やることがたくさんあるから。
どんな事?そこで前日の行動です、まず朝7時45分から8時15分ごろまで登校時の子供のも守り。タバコの投げ捨てでパトカーが来ていたのでご近所で立ち話。何年も前からなので役場に行って担当課職員と検討。ついでに危険個所の修理の件で住民の方のお礼をつたえる。さむかわ愛児園にたち寄る。たまたま、環境課職員がリサイクルセンターのビデオを園児見せ,園庭ではごみの収集車の解説、終わって園長先生が駐車場に捨てられるごみ処理を職員に相談。役場に戻り、隣接するひまわり教室の周りの雑草取りの件で職員と相談、書道連盟40周年を町民センターで観賞。作品のすばらしさを友人と談笑。午後は文書館で実家の古い書類を見ていただく日程をきめる。新人職員(前に県の文書館に勤勤務)を紹介される。7時まで毎年度議会に報告する、監査委員の審査意見書を閲覧。夕食は、ばったり出会った知人とラーメンを食べながら昔の寒川のはなしをする。帰宅後はたまりにたまっている新聞を読みかたずける。でブログは翌朝に。土曜日は朝の見守りがないで、ちよっと、ほっとする。これから10時に行革の委員会傍聴と午後から婦選会館で「分断すすむ世界と日本社会を考える」連続講座を受講。行ってきます。



[PR]
by nakazenoie | 2017-05-13 09:04

お詫びと訂正

お詫び 会派相模の風の議会報告会は5月18日です 5月12日のタウンニュースに議会報告会の日程を5月19日(金)としましたが正しくは5月18日(木)です。訂正してお詫びいたします。山蔦議員と会派「相模の風」を結成しました。会派結成後初の議会報告会です。私が議員になった時を同じくして、山蔦議員はずっと議会を傍聴し、情報誌「ささえ合い」を発行してきました。当選後「新ささえ合い」を発行し、そこには5月18日議会報告会と記載されています。柳下のミスで混乱させてしまい本当にすみませんでした。今後、十分気をつけます。4月より監査委員の仕事をさせていただき、今日は選挙管理委員会の監査をしました。予算・決算の審議をより広くかつ深く見ていく仕事です。5月15・16日監査委員特別セミナーを受講します。講師は石原俊彦氏「自治体経営と監査委員監査」総務省大臣官房審議官 「ガバナンスのあり方からみた監査制度の課題と今後の動向」18日の議会報告会に報告します。/span>
[PR]
by nakazenoie | 2017-05-11 23:25
長い間ブログを更新せずすみませんでした

[PR]
by nakazenoie | 2017-04-19 13:13

片づけど片づけ終わらず

明日は全員協議会

選挙が終わって1週間たちました。
事務所や家の中のかたずけをしながら公民館祭りやコーラスの発表、目久尻川・小出川の美化キャンペーン、一之宮八幡さまでつるし雛を拝見し、自治会の会合に出席し、行事の合間に挨拶に伺い、まだまだ片づけは終わっていません。

それでも3駅での選挙報告が終わり季節はすっかり春です。
倉見駅の桜が咲き、小出川の土手にはフキノトウが顔をだし、庭のモクレンも早春の陽光を浴び青空にすきっと屹立しています。
う~んと背伸びをして春を満喫です。
片づけもそこそこに久しぶりに香を焚き一区切りです。

[PR]
by nakazenoie | 2017-02-26 23:16

日常の中の非日常

選挙選が終りました。

結果として1008票をいただきました。
あらためて多くのご支援、ありがとうございました。
1008票の重みを胸に、新たな議員活動して参ります。

政治は生活そのものなのに、選挙活動は非日常の活動です。
4年に1回とは言え、かなりハードなものでした。

訴えたかったことは町づくりは人づくりであり、人とは子供たちであり、人財としての子供への投資が最優先であること、学校だけでなく地域の大人たちがもっと子供と関わり、子供のもつ可能性が花開くよう政治の光を子供たちにあてる事でした。
朝の登校時の子供たちとの触れ合いから生まれた実感です。
あすの寒川を担う子ども達が今日も元気に登校していきました。

[PR]
by nakazenoie | 2017-02-21 00:04

本日(2月19日)は投票日です。かならず決められた投票所に出向いて投票して下さい。

さて、この5日間の選挙戦を振り返えり様々な地域の方々に接し、もっともっとやらねばならない事の多さを痛感しました。
60才以上のシニア世代の増加、若い世代の暮らしの安定、子ども達の教育、等々、全てに真正面で取り組まねばならない課題です。
どれも最重要課題として常に認識している事項です。

下記に私の行動指針(公約)を掲げましたが、更に磨きをかけて住民の皆様の期待に応えるよう働いて参ります。
どうか、ご支援を宜しくお願い致します。

やぎした雅子の公約

人が繋がり、地域を紡ぐ
1、安心して老いることができるまち
   身近に居場所をつくり、とじこもりの高齢者をなくします。
2.女性の視点を生かしたまちづくり
   まちのあり方を見直し、暮らしやすい町にします。
3.納得できる税金の使い方にします
   ムダを省き子や孫への負担を増やしません。
4.豊かな自然環境を次世代に
   緑を保全し、きれいな川にホタルが飛びかう環境を整備します。
5.住民力を結集し希望のもてる町にします
   地域の活動団体のネットワーク化を図ります。

議員活動3期12年の思い、それは
「ひとり一人の力が生かされれば、この町はきっとよくなる」です。


[PR]
by nakazenoie | 2017-02-19 09:42 | Comments(0)


やぎした雅子の公約
人が繋がり、地域を紡ぐ
1、安心して老いることができるまち
   身近に居場所をつくり、とじこもりの高齢者をなくします。
2.女性の視点を生かしたまちづくり
   まちのあり方を見直し、暮らしやすい町にします。
3.納得できる税金の使い方にします
   ムダを省き子や孫への負担を増やしません。
4.豊かな自然環境を次世代に
   緑を保全し、きれいな川にホタルが飛びかう環境を整備します。
5.住民力を結集し希望のもてる町にします
   地域の活動団体のネットワーク化を図ります。

選挙戦は後半に突入しています。
春一番の吹き荒れる中、やぎした雅子は本気で選挙戦を戦っています。
人々が安心して暮らせる町にする為に、私の気持ち(公約)を多くの住民の方々に訴えて続けています。

議員活動3期12年の思い、それは
「ひとり一人の力が生かされれば、この町はきっとよくなる」です。

今日は選挙カーから降りての演説を多くして、私の主張をじっくりと聞いていただきました。
地域の事は地域の住民が決めて、総がかりで住みよい町を造り上げて行く事が住民自治です。

この住民自治を実現するには、住民の皆さんの参加が不可欠です。
人任せではなく、自ら率先して行動する事がとっても重要ですから、やぎした雅子も率先垂範
で推し進めて参ります。

窓からや外に出て来ての声援に励まされます。
ありがとうございます。

選挙戦は明日で終了。
体調を心配下さいますが、不思議にやぎした雅子は全く疲れていません。

充実した高揚感があるのです。
そして、頑張るぞ~!の一言に尽きます。

皆さま、最後まで応援下さいます様お願い致します。



[PR]
by nakazenoie | 2017-02-17 21:45 | Comments(0)
恒例の餅つき大会 28日

 今年は事務所開きをかねての餅つき大会です。
風もなく暖かな日が続き梅の花がほころび始めた庭に
たくさんの子供たちが来てくれました。

いつも大好評なのが大根おろしの辛味もち。
毎年、足りなくなるので今年は6本用意しました。
その他,好評なのが「うまか汁」です。
鶏ガラのスープに、鶏肉、大根、人参、里芋、小松菜を入れ、
お酒と塩、隠し味じ醤油を入れた体に優しい野菜の汁物です。

子供たちはお餅を丸めてあんこをつけたり、きなこをまぶしたり、
納豆を混ぜ合わせたりしているおばさんたちの手元を珍しそうに眺めていました。

6臼ついたお餅はすべて売り切れました。
2臼のお餅は事務所用にのしもちにしました。
準備とあとかたずけをして下さったみなさんに感謝です。

子供たちに本物のお餅を味わってほしかったので
たくさん来てくれてうれしかったです。
ありがとうございました。

[PR]
by nakazenoie | 2017-01-29 22:56
風邪が流行っています 25日

南小の1年3組の5日間の学級閉鎖が終わりました。
少しせき込んでいましたがいつものように姉弟で登校していきました。
自転車で保育園に送っていくお母さんはパートの仕事を休んだと言ってました。

澄んだ青空に黄色のロウばいの花がとてもきれいな季節です。
乾燥した毎日なので、家に帰るとうがいと手洗いは忘れずにしています。

昨日はみんなで物置と事務所の掃除をしましたが
終わるとうがいの音が洗面所から聞こえてきました。

28日(土)はお餅つきです。
今年は新メニューの、ネギとかつお節と醤油のおもちが加わります。
風予防にぴったりです。
11時からです。どうぞいらしてください。

[PR]
by nakazenoie | 2017-01-25 21:37
神奈川県・寒川町男女共同参画推進市町村連携事業 22日

 テーマは 男女がともに輝く未来へ ~みんなで考えよう協働のまちづくり~
講師は立教大学/大学院21世紀社会デザイン研究科教授の荻原なつ子さん。
都内で唯一消滅可能都市と言われた豊島区で若い女性の声を区政に反映すべくF1会議の仕掛け人。
11事業に8800万円の予算をつけた子育てしやすいまちを実戦中。

F1会議から20代と30代の女性区議が誕生とのこと。
まさに意志決定の場に女性が居なかった、女性の声が区政に届かなかったことが
少子化の一因でもあったのです。

しかし、機械の女性化(女性が使いやすい機械は高齢者にも使いやすい
つまり機械のユニバーサルが進んでいる)や、専業主夫を望む学生が8割を占め、
男らしさの呪縛から解き放たれ、自分らしく生きることを選択しようとしている
若い男性の多さにも正直びっくりでした。

クリントンさん敗北でガラスの天井は破れませんでしたが、
ガラスの地下室の存在もまた打ち破らなければならない現象との指摘に
ジェンダーバイヤスの根深さを痛感しました。

[PR]
by nakazenoie | 2017-01-22 22:42