カテゴリ:未分類( 494 )

第47回議会報告&意見交換会 11日

 まちづくりで一番大事なテーマを4年前とおなじ項目でアンケートをとりました。
①子育て ②介護 ③健康 ④教育 ⑤医療 ⑥税収 ⑦就労 ⑧生きがい ⑨地域づくり ⑩その他です。
今回は教育に〇をつけられた方が多くみうけられました。

 確かに寒川の児童生徒の学力は全国、神奈川県」の平均に届いていません。しかし、ドキュメンタリー映画「みんなの学校」を観たお母さんは こうアンケートに書いて下さいました。

 地域の大人たちが、どうしたらよくなるのか考えながら子供たち関わってほしい。沢山の大人たちが、たくさんの子供たちと関わることで、住んでよかったと思える地域ができる。
 素晴らしい地域づくり町づくりができれば、子育て世代の転入も増え税収upも考えられると思う。
 うーんすごくいい意見です。子供たちとの関わりの大切さがストンと胸に落ちてきます。

 ゲストにお招きしたバイオリンとビオラの素晴らしい演奏に、こころ休まるひとときを過ごすことができました。
お忙しい中お集まりいただきまして皆様どうもありがとうございました。

[PR]
by nakazenoie | 2017-01-12 22:35

頼もしい子供の成長

今日から3学期 10日

 きのうの雨も上がり、暖かな気持ちの良い朝でした。
「今年もよろしくお願いします」の子供からの挨拶にびっくり。
また、「おめでとうございます」の挨拶もうけ
お正月が来てとひとつ年をとり成長したのですね。
昨日は好きなゲームを買ってもらったとか
いつもと違う友達としゃべりながら登校する子を多く見かけました。
冬休み中に仲良くなったのかもしれません。
いろんな子とお友達になって成長していくのでしょう。

いろいろな価値観があり、異なる意見があり、考えも生き方も様々です。
その中でより鍛えられ、より磨かれるのも確かです。

明日は3期め最後の議会報告会です。
テーマは「こんな寒川町にしたい」です。
みなさんからの忌憚のないご意見をいただきたいと思います。
町民センタ―視聴覚室2時からです。どうぞいらしてください。

[PR]
by nakazenoie | 2017-01-10 21:26
今日は成人式 9日
 
 平成29年の記念誌の表題は「輪」
18人の実行委員さんたちが企画運営しました。
今年の式典は前半はうるさかったのですが
後半は静かになり、騒ぐことなく無事終了。
比較的落ち着きのある20歳の若者たちでした。

 そんな若者たちが選んだ「輪」という言葉からは、
同じとき、同じ場所で過ごした仲間たちの輪を心の糧として
未来へ駆け出していく心意気が伝わってきます。

 なんだか半世紀以上タイムスリップして
中学時代が懐かしく思いだされます。
みんなで遊んで、みんなで笑って、悪さもして
友達の輪の中でとっても楽しい中学生活があったことを。
辛いことも悲しいことも、楽しいことがあればこそ
切り抜けて生きていけます。

 新成人の皆さん誰のものでもない自分の人生を
思いっきり楽しんで生きて行ってください。

[PR]
by nakazenoie | 2017-01-09 20:57

陽気な小鳥たち

今日は寒の入り 6日

 風はまだ冷たいのに日差しが明るくなってきました。
我が家の庭の小鳥たちは陽気にさえずっています。
十姉妹、メジロ、シジュウカラ、スズメが元気に飛び交っています。
田畑ではウグイスが飛んでいました。まだホーホケキョとまでいかず
チュツチュツとさえずりながら梢の中でとびまわっていました。

暦の上では小寒。寒さはこれからが本番ですが
小鳥たちは一足先に春を運んでくれています。

とても気持ちのよい冬木立ちです。
庭を眺めながら温かいお汁粉をいただきました。

[PR]
by nakazenoie | 2017-01-06 22:26

月と星と1万2千歩

とても素敵な天体ショ― 2日

 今朝は倉見駅で新年の挨拶。行く途中、混雑を避け田んぼの中の道を走ったのですがすでに車が並んでいました。
これでは参拝するまで何時間かかることやら、もっと大きな駐車場が必要と思いました。

 川越の観光地には観光客の駐車場と休みどころが用意され、なんら観光に支障のきたすところがありませんでした。単に交通規制のみならず交通誘導に対処すべきと課題発見。
混雑を避けつつ用事を済ませ、午後からはポスティング

 4時頃から南の空に星と上弦の月が並んで浮んで見えました。
夕暮れになると金星(多分)が輝き「アクセサリーみたいにきれい」という声が家の中から聞こえてきました。
時間がたつにつれ西の空低く沈んでいきました。その間、星と月はつかず離れず等間隔のままでした。
こんな素敵な天体ショーは初めてです。携帯の歩数は12122でした。


[PR]
by nakazenoie | 2017-01-02 22:19
 今年がよい年でありますように 1日
 
 今年は暖かで穏やかなお正月でした。
寒川駅前に交番ができ7時からお巡りさんが立って下さっていました。

 自転車駐輪場も建設中で寒川駅の顔ができつつあります。
電線地中化したおかげで青空が映えすっきりとした顔です。
景観のみならず災害時の安全面から電線の地中化を公共工事として行うことも悪くはないなと思いました。
 160億円かけた寒川駅周辺整備事業もほぼ終わりです。
行政とその結果の検証はする約束ですので後日報告できるとおもいます。

 これからは緑豊かで潤いのある街並みにしたいです。木陰にちょっと腰かけられるベンチがあるゆったりできるまちはどうでしょうか。
 そんなことを考えつつタバコの吸い殻を拾って持ち帰りました。

[PR]
by nakazenoie | 2017-01-01 22:36

明日から冬休み

冬至がすぎて今年もあとわずか

 3駅での議会報告が終わり、登校時の子供たちと朝の挨拶。
今年は長目の冬休みです。
 前期反抗期の子供たちは、注意をすると素直には聞かずとも端を歩いてくれるようになりました。
子供たちからの挨拶も多くなりうれしい年でした。
 学力は今いちですが元気で学校に行くだけでもいいかと思える子供たちです。
でもでもなのです。とにかく家でテレビやゲームをする時間は長く、文章題は無回答の児童が多いことは由々しき問題です。
 学校の宿題を朝の答え合わせにまにあわせるため電信柱にノートをつけて書いていました。
やらないよりいいかもと思いました。が、これからの冬休み、みんな遊んでいないで勉強もしてよね。
 
[PR]
by nakazenoie | 2016-12-22 13:48

地域の先生たち

倉見駅頭報告 20日

 議会が終わると3駅とダイソー前で議会報告をしています。
寒い中、家から出て聞いて下さり感謝です。それより何よりいろいろお話をして下さりとても勉強になります。
 お連れ合いを亡くされ1人なり閉じこもりがちな人が増えたこと。
少ない年金では生活できず、少しでもで働いてお金がほしい人が多くいること。
選挙に行かない人に自分の大事な1票の価値を教えていること。
候補者の考えや、やろうとしていること、言っていることが自分の心に届いたらその人に投票すればよい、などなど。
おっしゃっていることは全て、そうだよなーと思えることばかりです。
やはりご高齢者の居場所は必要だと思いました。政策の根拠は町民の方々の声です。
 宮山駅は16日に1人でやりましたが、明日は今日と同じく、フォーラム志の佐藤正憲議員とします。
会派の主義、主張も聞いていただけたらと思います。
[PR]
by nakazenoie | 2016-12-20 20:19

ご近所の助け合い

新しい総合事業って何

 13日の一般質問は、公民館の指定管理者導入にあたっての社会教育行政の考えと、29年度から始まる介護予防事業についてです。
 歳をとっても施設のお世話にならずに、住み慣れた地域でくらせるようにするにはどうしたらいいでしょうか。国は包括支援システム(医療、介護、住まい、生活支援、介護予防)の構築を各自治体に求めていますが町はまだその体制はできていません。
 29年から始まる新しい総合事業はそのうちの生活支援と介護予防事業を広げるための事業です。
なんのためにやるのか、言うまでもなく、想定額月5500円の介護保険料抑制です。
生活支援コーディネーターが柱となって、行政と地域の団体が協働して取り組んでいかねばなりません。行政からの一方通行のやり方でなく、地域の力を生かした取り組みを支援するスタンスが行政は必要です。最後までその人らしく暮らしていただく地域をどのようにして作るのか、新しい性格の支援事業は地域で助け合いを広めるとてもやりがいのある事業です。
 それには自分事として、参加しやすい仕組みを考える協議体の役割が重要だとおもいました。

[PR]
by nakazenoie | 2016-12-11 12:08
 フォーラム志 議会報告 15日

 テーマは「子育て支援」  まず未入所児数が11月現在99人いることから保育所の1園増の話から始め、保育士さんの待遇改善へと問題提起をしました。
しかし、子育ては誰がするのか、そもそも、なぜ結婚するのか、子供は愛されるために生まれてくるのであり、3年間は仕事より子育てに専念すべし、という意見に対し、今の経済状況では共働きは当たり前、なおかつ子供を産み育てるゆとりがなくなっている。
少子化を問題視するなら子育ての社会化もやむを得ない。つまるところ行政がどこまでやるのか0・1・2歳児の保育に税金を投入するのか、親が子育てすべきなのか議論がわかれました。
確かにお金だけ与えて放りぱなしの親を見れば仕事より子育てだろと思うし、保育士より実の親のほうがいいに決まっているには違いありません。
問題は仕事と子育てが両立できる環境になっていないことです。今の社会状況を鑑みれば、そこに行政が税金を投入することは未来へ意義ある投資であると私はおもうのです。
 お忙しい中、たくさんの貴重なご意見を頂きましてありがとうございました。

[PR]
by nakazenoie | 2016-11-16 10:41