<   2009年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

20,340円の攻防

議員の12月期末手当が下がります。

11月5、12、18、26、27日の会派代表者会議で期末手当引き下げについて議論が続けられてきました。
人事院勧告により職員の期末手当の額は、期末手当基礎額の100分の160を100分の150に引き下げました。では、議員はどうするのか?                                             1.人事院勧告そのものを認めない。
2.職員と同率にさげる。                                                    3.十分な議論なくして下げることはできず、今回はこのままで。            4.会派での結論はでず、この会議での結果に従う。                 5.社会経済状況を鑑みれば下げらざるをえないのでは。              6.近隣に比べ町の議員報酬率は低いのでこのままでよい。           等などの意見がでました。厳しい財政状況のもと事業のカットの痛みを議員は町民と分け合ってしかるべきです。                         27日の結論は100分の225を100分の220としました。
915,300円が894,960円になります。    
a0130960_21474952.jpg
 6月の期末手当854,280円が77,2920円でした。手取り額60,168円の減でした。議員報酬月額は339,000円です。明日から議会が始まります。
期末手当削減は議会運営委員会提出議案となり審議されます。

[PR]
by nakazenoie | 2009-11-29 21:00
18日に緊急財政対策会議の報告がありました。

来年度の財源不足額は16億8500万円です。歳出対策として人件費1億円減、事業費の削減額6億3400万円、総額7億3400万円です。          問題は歳入対策です。臨時財政対策債7億円を借り入れます。それでもまだ1億9000万円財源不足です。今、町は来年度の予算編成に向けて財政課が各課とのヒアリングを行っています。最終的には町長査定で事業内容と予算額が決まります。それを3月議会で審議します。                  そもそも21年度に、予算編成方針である歳入に見合った歳出をするという絶対ルールを自ら破り(前年度比2%減と決めたにもかかわらず、2.8%増にしました。)財源不足が生じたのです。2.8%増の中身は6億円の借金と10憶円の貯金(財政調整基金)の取り崩しです。収支見通しが不適格だったと言わざるを得ません。それ故に今年度4月すぐに「緊急財政対策会議」を設置したのです。   その目的は財源確保と事業の見直しです。            その財源確保が7億円の借金で良いのでしょうか?

              
a0130960_23162148.jpg


「借金を増やさない」という町長公約は諦めたのでしょうか?
現在町の借金は226億4494万と利子40億円と、ローン返済残高22億3466万円あります。合計約288億8千万円。                                     今朝は寒川駅で報告しました。明朝は宮山駅です。

[PR]
by nakazenoie | 2009-11-19 23:22

夢は夢にすぎない。

県民フォーラム「夢はこぶ近未来交通の実現と地域の活性化」が町民センターで開催されました。
2025年の「リニア中央新幹線」開業目標に向けて事業を推進しています。  実現すると「新幹線新駅」設置の可能性が高まるそうですが、いつ実現するのかが問題です。その実現のタイミングを失うことは経済効果を失うことになります。コストをかけただけのメリットが得られるのか、その投資判断をする時期に今入っているのです。 請願駅ゆえJRが駅を造るのではなく、自治体が費用を負担するのです。寒川に新駅の必要性を納得し、理解している町民がどれだけいるのでしょうか。                              新駅設置という夢は本当に、寒川にはこばれるのでしょうか。、 。


晩秋の兼六園

a0130960_21204713.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2009-11-15 21:37
神奈川県町村議会議員研修会が開かれました

テーマーは「どうなるグローバル経済・どうなる日本の格差拡大」        講師 浜矩子氏はヘーゲルの言葉「ミネルバのふくろうは夕暮れに飛び立つ」を引用し、21世紀の夜明けを迎える為に 新しい知恵を持ったふくろうを
力強く飛翔させてあげることが必要である。それをやるのは本来権限を有する市民である。 国が地方に権限を移譲するのではなく、地方が中央政府に委任する、中央にやらせる、それが地域主権であるとお話されました。                 新聞紙面での明晰な論説を今日は直接うかがうことができ、その洞察力、分析力に感心しました。 寒川町の町政も新しい考えと知恵をもって飛翔せよ。前進あるのみ


  
a0130960_21492417.jpg
     
[PR]
by nakazenoie | 2009-11-13 22:24
寒川国際交流協会のホストファミリーになりました。

11月1日に韓国からの留学生2人を寒川神社に案内しました。大安と日曜日が重なり、七五三参りで賑わっていました。 着飾った子供達に話しかけて、一緒に写真を撮っていました。茶道にも興味があり8月に開苑した茶室「直心庵」を宮司さんに特別にご案内いただきました。
贅をつくした素材を匠の技で建てられた素晴らしい茶室でした。土橋の両端には杉苔がびっしりと生え、それはそれは素晴らしいお庭でした。        方徳資料館の加藤宮司さんはとても博識のある方でした。寒川神社の英語訳付きパンフレットを作成されました。明日から梶原公顕彰会の研修旅行にご一緒します。寒川観光協会では観光ボランティアを募集しています。
 


a0130960_20401074.jpg
<
[PR]
by nakazenoie | 2009-11-08 20:49