<   2010年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

(仮)寒川・茅ヶ崎広域リサイクルセンター建設費20億3,994万円

建設費用にかかる負担金推計は寒川町 2億9,968万円 茅ヶ崎市 11億2,739万3千円、交付金6億1,286万円 合計20億3,994万円
その他に管理運営費 (中間処理にかかる業務委託料) 寒川町4,830万円 茅ヶ崎 1億8,170万円、合計2億3千万円。                       (仮)広域リサイクルセンター基本計画作成委託は367万5千円(予算900万円)で落札されました。
19年度県のデーターでは1人当りのゴミ搬出量 寒川町5位 茅ヶ崎11位。
トン当りのゴミ処理費は寒川町2位(56,317円) 茅ヶ崎19位(37,174円) この差はプラスチックのゴミ収集方法の違いと、最終処分場の有無にあると思われます。
8日の一般質問は広域リサイクルセンター建設事業の妥当性を質します。
もう1点は寒川町総合計画後期基本計画策定のありかたです。


  春まぢか
    
a0130960_16541945.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2010-02-28 16:55

ドキュメント議長選

2月25日新議長が決まりました。
2月23日
  9時00分  全員協議会 議長の任期は各会派で検討
  9時45分  代表者会議 任期は在任期間とすることを確認
 10時55分  代表者会議 議長経験者の意見を聞き調整する
 13時30分  代表者会議 3期目の議員5名で調整することになる
 21時40分  代表者会議 内々定されたことを全員協議会に報告する
 22時05分  全員協議会 内々定されたことの報告がある
 22時40分  議会運営委員会 2月25日本会議の日程についての調整
2月25日 
 本会議にて議長選挙 古山大二議員13票 村田桂子議員3票 白票2票
 その後、議席番号の変更と所属委員会の変更手続きがおこなわれました。
 
今年、寒川町議会は全国町村議会議長会から表彰されました。
他の自治体の範として立候補による議長選を行うべきではないでしょうか。
     

a0130960_22123237.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2010-02-27 22:01
2月22日文教福常任委員会で寒川中学校と一之宮小学校へ行きました。

寒川中学校北棟耐震補強及び大規模改修工事が終わりました。
屋上は防水シートが張り替えられ、校舎内の床、壁、天井、トイレが改修されとても明るい雰囲気でした。 耐震補強を含め工事費は約3億500万円。
次に、一之宮小学校校舎内に移転した児童クラブを見学しました。       台所を設置、玄関廻り改修、間仕切り設置などの改修費は724万5千円。
ともに築後40年を経ている建物です。公共施設を建てるときに維持管理費をも計上しておかなければいけません。 今ある公的施設の寿命を永く保たせる必要があります。 町は公的施設の現状把握のみでその後の対応策はありません。

    河津さくら
    
a0130960_21543285.jpg

     
[PR]
by nakazenoie | 2010-02-22 21:56
2月19日建設経済常任委員会と商店連合会との懇談会がありました。

議員11名、9商店街の会長、商工会から7名が出席しました。
商店連合会から、来年度のプレミアム付き商品券(ハッピー買い物券)の発行総額を、倍増の2億2千万円にしたいとの意見がでました。内、2千万円は町の補助金になります。
プレミアム商品券は利用者にとってはお得感があります。しかし21年度のプレミアム付き共通商品券アンケート調査集計結果によると、額面の2%を商工会へ支払う商店のメリットは薄いということが分かります。
この事業の目的は、町内商業の活性化と町外への顧客流出の防止です。
町の商店を潰さない政治を行って頂きたいという要望がありましたが、まず取り組むべきは如何にして『お客さんが行ってみたくなるお店にする
かではないでしょうか?魅力あるお店は口コミで客数が増えています。

a0130960_2344634.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2010-02-19 23:07
2月15日にまちづくり推進会議が開かれました。

この会議は寒川町自治基本条例を推進する為に私を含め20人の委員で構成されています。3回目の会議でテーマと方向性を議論しました。                                      1.この条例の理念である協働のまちづくりを推進する為、町の活動団体と の意見交換をする
2.第24条の住民投票条例の研究をする
来年度はこの2点について、他の自治体を参考にしながら取り組みます。
条例が施行され3年経ちますが、どれだけの方がこの条例の中身を理解しているのでしょうか?
私たちの町のことは私たちが決める。町づくりのルールを定めたのがこの条例です。
協働とは住民と事業者と行政が対等の立場で町づくりに関わることです。
もっと分かりやすくこの条例を町民に周知する必要性を痛感しました。 


a0130960_2148268.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2010-02-17 22:00

地域福祉計画

寒川町災害時要援護者支援制度要綱案

2月5日(金)やぎした雅子の議会報告&意見交換会をしました。
毎回町の出前講座を利用しています。改訂された地域福祉計画に
「災害時要援護者への対応」が施策に加えられました。
今、町では災害時要援護者支援制度のパブリックコメントをしています。
高齢者や障がい者だけではなく、怪我をして動けない人、妊婦、乳幼児を抱えた人達が、災害時には人手を必要とします。                                               特に支援者の守秘義務について危惧される点が指摘されました。
いつ、誰が、どんな時に要援護者の個人情報を開示するのか明確にしなければいけません。パブリックコメントは2月23日までです。

   雪の日の蝋梅

a0130960_2251934.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2010-02-08 22:16