<   2010年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

行政評価の機能強化

外部評価委員会の報告書つくり

30日に第5回目の会議を傍聴しました。町の6事業の評価を実施しました。
5人の委員が「事業仕分け」の手法で事業の担当課とヒヤリングをし方向性(拡大・現行・縮小・休止・廃止)と予算額(増額・現行・減額・なし)を審議し、そのとりまとめが30日に行われました。町では事務事業評価は毎年やっているものの事業の改善、見直しにつながっていませんでした。読む人が「なぜそのような評価をしたのか」が分かることが必要です。 外部評価委員会の報告書には結果までのプロセスをわかりやすく記述することになりました。    行政内部だけで成果をあげることは難しく、外部の人の見解が必要です。
評価の成果は事業のあり方を改善し、無駄をなくすことです。
 
  三春からきた枝垂れさくら
a0130960_12484952.jpg
<
[PR]
by nakazenoie | 2010-03-31 20:22

描かずにあらわす。

国宝松林図屏風(1592~96の頃、等伯50歳代)  東京国立博物館所蔵

長谷川等伯の傑作、松林図屏風は霧の中の松林を描いた作品です。
濃い霧の中に、ほのかに浮かび上がる松林。手前の松を黒々とした濃墨で荒々しく表現し、背後の松を淡墨をもって、柔らかく表すことであたかも霧がそこに実在するかのような錯覚を観る者に抱かせる絵です。
傑作とは、「その作品に投入されたエネルギーの量」だと白洲正子は言いました。
等伯が魂魄を込めて描いた松林図屏風は一番観たかった作品です。
語らずして伝わる語法を会得することが、いつかある日来たらんことを・・・・・

a0130960_22191172.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2010-03-25 22:26

賛成はするけれど

22年度予算が決まりました。

23日議会が終了。22年度の歳入は129億4300万円、21年度より12億円減です。
事業費が削減される中、相談室を明るく改装し、暮らしの講演会の回数を増やしました。住民サービスが図られたことは評価できます。            しかしながら、総合図書館資料費が75%減、1000万円が250万円に。
公民館図書室の本代はゼロです。立派な建物があっても図書館の命である本が購入されない予算は肯けません。
町は「寒川こども読書活動推進計画」を策定しているにも関わらず、学校の図書室の本代も前年度予算408万円が今年度は122万5千円になりました。これで学校図書充実事業といえるのでしょうか。事業費削減に努力したことは認めますが、充分な事業の精査がなされていない予算です。     今年は「国民読書年」です。スローガンは「じゃあ、読んでみよう。」

          
a0130960_16292095.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2010-03-24 16:32
後期基本計画(24年度)が始まります

後期基本計画策定の町民ワークショップの報告書が出されました。
● 計画策定にあたり、自治基本条例を重視し、各分野において協働による、まちずくりが前提であること。                               ● この提言集は、参加者全ての提言をそのままとりまとめたものであるが、計画策定には財政推計をもとに確実に施策推進できるよう留意すること。
● この提言集の内容を、今後町が策定する計画の今後の方向性に十分取り入れていくこと。
● 計画の実行の手法として、町民参加型会議の充実や、町民メンバーの参画による実行委員会などの組織化も検討し、「町民主体」のまちづくりを行うこと。以上の点に留意してこの報告書を活用します。
これらの意見(参加者25人)を取りまとめたのは、町なのでしょうか?コンサルなのでしょうか?後期基本計画策定のコンサルタント料は1千万円です。明日、ユータカラヤ前で議会報告をします。


         
a0130960_2154827.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2010-03-13 21:54

同じ台詞を250回

一般質問が終わりました。

俳優のアンソニー・ホプキンズは台詞を250回も繰り返し練習するそうです。
一般質問の持ち時間は30分。如何に広く深く問題点を吟味できるかによって質問の質が違ってきます。                              ただ、分からないから聞くのは、質問ではありません。議会は「議する場」です。行政のやってる事がほんとうに住民サービスに役立っているのか、そのコストや手法が適正であるかどうかが問題です。                   (仮)リサイクルセンター建設は、プラスチック容器包装リサイクル法のもとにやっていると行政は答弁しましたが、かかるお金と、それによって得られる効果を比較して考えることが大切です。
その為のデーターを行政は住民に知らせなければいけません。        協働の町つくりの第一歩は情報の共有です。練りに練った質問がいつもできず、終わるといつも、いつもへこんでいます002.gif

a0130960_2154317.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2010-03-10 21:55