<   2010年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

第2回社会教育委員会議を傍聴しました(13時30分~16時50分)

今年度から公民館運営協議会と図書館運営委員会が廃止になり社会教育委員会に統合されました。  10名の委員は非常勤特別職で日当8700円、年5回開催され任期は2年です。
諮問事項は「いつでも、どこでも、だれでもが学べる環境づくりについて」
24年2月に町の教育委員会に答申します。今日は生涯学習課の事業説明に終始し、肝心の諮問に関しての議論がなされませんでした。24年度から始まる後期基本計画との関連性について問われ、「反映できれば反映していきたいと思っている」との答え。「一回一回意見を積み上げていけばこの会もいきるのでは。。。」との意見に対し、「中身を消化しないうちに論議すると、いつになるか分からない。一応ここでとどめさせていただきたい。」ということで、会議は報告事項に移りました。審議機関を機能させない行政のあり方です。
26日(土)は恒例の「びわ吹き飛ばし大会」です。 七夕飾りもつくります。   どうぞいらして下さい。 
   
       蝋梅の実です
a0130960_21412959.jpg


[PR]
by nakazenoie | 2010-06-24 21:47

行革を推進した効果

6月議会の一般質問は行財政改革の効果と問題点でした

町は事業仕分けや外部評価、事務事業評価を行い、行革に取り組んできました。しかし事業仕分けでは民間でやるべき事業と評価されたにも拘らず、バス転回場を約1億円で購入しました。財源不足の為に新たな財源確保が必要といいながら、地代さえも頂いていません。
購入の理由は地域交通の活性化法によるものですが、努力義務の為、自治体はその法に従わなくても良いのです。
しかし町は将来の南口開発の為に購入したと答弁しました。
外部評価委員会では北口の区画整理事業がずさんな計画であり、30年経っても終わらない区画整理事業は聞いたことがないと指摘されました。事業費は町の一般会計129億5千万円を超へ148億円です。なお且つ5年延びます。 計画通りに終わらないのは、「相手があることだから」との理由で済ませるのでしょうか。
行革に必要な事は今までの慣れ親しんだやり方をやめ、真に必要な施策を実現する為の財源の確保です。それには行政の無駄を徹底的に削るしかありません。20年度の行革の効果は688万円でした。
ダイソー前、寒川駅、宮山駅での議会報告が済み、明日は倉見駅の予定。


    
a0130960_19211662.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2010-06-20 19:21

おおきな希望への第一歩

喫茶「友達」で中村成信さんの写真展が開かれています。

中村さんは、2006年に若年認知症「ピック病」と診断されました。
根本的な治療法がなく、趣味などを通して脳の活性化に努めています。
自分らしく生きるために、ボランティアの田中さんと一緒に趣味の写真を撮り続けています。医師から趣味を持つことと本の出版を勧められ、この秋には出版される予定だそうです。いろいろと御苦労がおありだつたと思いますが、今は体力をつける為に、汗びっしょりになるほどリハビリに励んでいます。
耳をピンと立てた猫の後姿の写真は、凝縮された思いとシャープな中村さんの感性が表現されていました。
写真展は6月30日までです。
        
      中村 成信さんの作品
      
a0130960_1711492.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2010-06-19 17:18

えがおいっぱい50年

みんな大好き、一之宮小学校

一之宮小学校「50周年音楽祭」に出席しました。
3年生のリコーダー演奏は、75人の子供達の息がとてもよくあっていました。
全員で歌った校歌 
 ♪♪ 明日の日本を うけつぐわれら  わが一之宮 栄えある母校 ♪♪
3人の息子たちも卒業生ですが、今日はしみじみと聴きいりました。
彼らの歌声から、この一之宮から明日の日本を創りあげていく力強さが伝わってきました。
植樹された百年桜の苗木が大樹となる頃は、彼らも力量つけて人生を雄々しく歩んでいることでしょう。

      布野 暁子さんの作品
a0130960_2162174.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2010-06-18 21:24