<   2011年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

議員の通信簿

相模原市議会をよくする会の会報が届きました。  
 
 1999年に市民の知る権利に応えるため設立された会です。議会を傍聴している市民が議員がどれほど市民の信託を受けた自覚のもとに市民目線で仕事をしているかを重視しています。
評価の観点は、基礎的能力、質問の内容、公約言及度、議場内の態度、改革意欲・問題意識、議会報告、政務調査費、人格、好感度。評価ランクは議員の資格なしの、0から良い議員として認められるの、4までランクづけして採点されています。
国立市も議員の公約と議会や委員会での発言内容をてらして通信簿を公表しています。納税者である市民の評価は貴重です。いつも、両市の会報を読んで我が議員活動を顧みるよすがとしています。。

a0130960_18444693.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2011-01-31 23:37

声をきかせてください。

街頭報告をしています。
 
 毎月、ダイソー前と寒川駅、宮山駅、倉見駅前で、行政や、議会が今どんなことに取り組んでいるのかを報告しています。
広報さむかわや議会だよりをじっくり読まれる方は少ないのではないでしょうか。仕事や生活に忙しいみなさんに出勤や買い物ついでに耳を傾けて頂けたらと思い続けています。いこいの家はいつ再開されるのか?中央公民館が27年にできると聞いたけど本当か?寒川もお金が無いというが夕張みたいになるのか?
そんなあれこれを、街頭報告をしている時にも気軽に訊いて下さい。その場で分からないことは調べて返事をします。
今日はダイソー前で報告しました。明日朝は倉見駅でやります。

a0130960_1942935.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2011-01-30 23:51
1月28日、「出前講座」の報告です

 平成16年3月に、寒川町スポーツ振興基本計画は豊かなスポーツ環境を目指して策定されました。この計画は23年度で終了し、新たに審議会を開いて新計画を作ります。
しかし具体的な対策(実施計画)のない、この基本計画の成果と検証をどう図ればいいのでしょうか?
理念である「生涯スポーツ社会の実現」がどれだけ図られたのかわかりません。これまでスポーツ振興課は、観桜駅伝、ニュースポーツ体験講習会など15事業を実施してきました。新たな計画には目標値をさだめ、健康度があがる事業を増やして欲しいと思います。健康に勝る宝なしです。
 毎回、出前講座に初めて来られる方がいらして嬉しく思います。寒い中参加して下さりありがとうございました。
  
a0130960_19323573.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2011-01-30 00:39
明日28日は11回目の出前講座です。

 銀河大橋の下にある「田端スポーツ公園」は二本松公園の代替地として22年に整備されました。
野球場、多目的広場、レクレーション広場,親水広場があり、まわリは散策路になっています。
町は18年に二本松公園を町内企業に約6億5千万円で売却し、約2億2千万円で田端スポーツ公園を整備しました。
16年3月に「寒川町スポーツ振興基本計画」が策定されました。町民のだれもがいつでも、どこでも、いつまでもスポーツに親しめることができ、健康で生き生きとした生活を送ることができる町を目指しています。
a0130960_2026417.jpg
22年度のスポーツ振興課の予算は1億3400万円。{うち総合体育館に1億1000万円です。}
スポーツに関心のある方是非いらして下さい。町民センター視聴覚室6時からです。7時からは議会報告&意見交換会です。 







[PR]
by nakazenoie | 2011-01-27 22:43
1月20日、介護保険運営協議会が開かれました

 地域包括支援センターの報告では、22年度「多職種連携に係る会議」は開かれませんでした。この会議はボランティア、民生委員、医者、生活ケースワーカー、福祉事務所などが連携して地域福祉向上のためにネットワークづくりをする会議だそうです。しかし18年度より、この5年間一度も開かれていません。
その理由は、「課題がないから・・・」と担当者の答弁です。
 寒川の地域福祉には何ら問題点が無いのでしょうか。 この会議の必要性を認識しているにもかかわらず、なぜ開かないのか理解できません。包括支援センターの相談件数は、3年前より年間1000件以上増えています。 地域ケアを統括する責務として、それぞれの現場での課題を把握して地域の福祉増進に努めるべきではないでしょうか。

    
a0130960_20515865.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2011-01-21 20:52
地域活性化交付金の使いみち

 地域活性化交付金1000億円が創設されました。 
これまで住民生活にとって大事な分野でありながら、光が十分に充てられてこなかった取組を支援する交付金です。その1分野に「知の地域づくり」の例として、図書の充実にも使えます。
町に500万円の交付金が下りました。学校の図書室や総合図書館の資料費に充てる予定です。その他に木造住宅耐震改修工事の補助金に、30万円上乗せされます。この件に関して今日の建設経済常任委員会で交付金要綱の改正が報告されました。
 格差社会が進むなか、弱い立場の人や、知的社会を担う人たちに光を当てる政策が必要です。
 
a0130960_2045557.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2011-01-13 20:48

子ども手当に12億円

あけましておめでとうございます。

 23年度、国の子ども手当の財源は2400億円。統一地方選に配慮し所得税の配偶者控除の廃止が見送られました。          女性の働き方を歪めているのがこの税制の103万円の壁です。          人口減をむかえた日本社会の活路は女性のちからです。          仕事と家庭を両立させるための保育や学童の整備が必要です。44兆円のツケを子や孫にまわすなかでの政府見解は時代錯誤です。配偶者控除の廃止による財源1100億円を子ども手当に充ることもできず、ワークライフバランスも遠のいてしまいます。     寒川町の子ども手当の予算額は11億円です。23年度予算の中で大きな事業の一つです。

a0130960_1928332.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2011-01-05 23:17

「自治を担う人づくり」

a0130960_15211741.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2011-01-01 00:00 | タウンニュースへの掲載 | Comments(0)